走塁/守備.com 走塁./守備.comでは、華麗な走塁技術守備技術などの野手・打者(バッター)に関する技術の基本と上達方法、練習方法を解説・紹介している「総合野手情報ポータルサイト」です。さらに、練習・上達グッズの紹介や、今注目の野球情報や上達ノウハウなどを紹介していますので、是非参考にしてください。
TOTAL:  現在観閲中: 

守備・捕球の基本

トップページ > 守備・捕球の基本

野球をする上では必ず守備をしなければなりませんね。そこで、このページでは守備をする上でここでは内野〜外野における守備・捕球の基本について解説します。基礎なのでしっかり身に着けましょう。


梅原伸宏のグラブマネジメント 〜守備力向上プログラム〜
■今人気のの野球上達情報をピックアップしました!!
走塁革命 屋鋪要の実践走塁術 〜お子さんをチームで特別な存在にする方法〜
野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス 内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD
西武黄金時代の強打者コンビが教える「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
3ヶ月で15kmUP!森部コーチのピッチングスピードアッププログラム!
少年・中学野球、草野球、あらゆる軟式野球の戦術必勝法を網羅した「軟式野球の兵法」

まずはグローブ(グラブ)の使い方について解説します。グローブの中の指先は自然に、力を抜いて大きく開きましょう。その際に大きく開こうとすると指先に力が入ってしまったい、上手くグローブを使用できません。指を閉じすぎてしまわないように注意し、ボールをポケット内に当てるようにして受け止めるように捕球しましょう。


また、守備の際には力を抜いてひじが自然に下を向くような形で構え、手のひらはボールの方に真っすぐ向け少し内側を向いた状態にします。ひじを開きすぎたり閉じすぎたりすると、無駄な力が入り捕球の際にスムーズに腕を動かしづらくなりますので、腕の力を抜いた自然な位置で捕球するようにします。ひじの力を抜いて一番自然に円を描くことができる位置が自分に合った捕球位置です。


捕球時にはグローブと添える手でボールを挟み込むようにして、ボールに触れてから指を曲げてボールを握ります。球の勢いをしっかり受け止め、飛んでくるボールに正対気味にグローブを向けます。ですが、完全に正対させようとすると、手首が後ろに返ってしまいボールの勢いに押されやすくなりますのでご注意ください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

■最新の走塁・守備上達情報を大公開!!
ソフトバンクホークス守備走塁コーチ時代に井口資仁選手に盗塁王を2度、川崎宗則選手に盗塁を1度取らせた練習法を少年野球向けに改良した元ソフトバンクホークス一軍走塁コーチの島田誠式少年野球走塁・盗塁テクニック!
元SB一軍走塁コーチ島田誠式少年野球走塁盗塁テクニック
 
野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのために走塁・守備上達方法を伝授します!あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講しませんか?メールアドレスのみで、誰でも簡単に登録できますよ!
沢村遼の走塁・守備上達講座
その他野球上達メルマガ講座

※その他の守備・走塁に関する情報はトップページもしくはメニューからどうぞ。
野球の走塁,守備のことなら 走塁/守備.com
沢村遼の野球講座
あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講しませんか?
走塁・守備上達上達講座
その他野球上達メルマガ講座
守備の基本
守備・捕球の基本
内野ゴロ捕球の基本
守備の構えからスタート
内野フライ・外野フライの対処
外野フライを絶対にそらさない
ステップ・スローイングの基本
ランダウンプレイの基本
基本の守備位置
守備フォーメーション&カバー
キャッチボールの基本
綺麗な捕球の仕方
グラブの手入れ方法
グラブの正しい使い方
人気の野球上達法!
注目情報
Copyrightc2009 野球の走塁,守備のことなら 走塁/守備.com All rights reserved.【掲載の記事・写真などの無断複写・転載等を禁じます。
inserted by FC2 system