走塁/守備.com 走塁./守備.comでは、華麗な走塁技術守備技術などの野手・打者(バッター)に関する技術の基本と上達方法、練習方法を解説・紹介している「総合野手情報ポータルサイト」です。さらに、練習・上達グッズの紹介や、今注目の野球情報や上達ノウハウなどを紹介していますので、是非参考にしてください。
TOTAL:  現在観閲中: 

リードの基本とタッチアップ

トップページ > リードの基本とタッチアップ

チームの攻撃力を上げるために、3S(スタート、スピード、スライディング)を磨くことは重要です。
きちんとしたリードができればランナーへの牽制に気をつかって目の前のバッターに集中できなくなります。
ここではリードの基本、タッチアップについて解説します。

"走塁革命" 屋鋪要の実践走塁術
■今人気のの野球上達情報をピックアップしました!!
走塁革命 屋鋪要の実践走塁術 〜お子さんをチームで特別な存在にする方法〜
野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス 内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD
西武黄金時代の強打者コンビが教える「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
3ヶ月で15kmUP!森部コーチのピッチングスピードアッププログラム!
少年・中学野球、草野球、あらゆる軟式野球の戦術必勝法を網羅した「軟式野球の兵法」

リードの姿勢と基本

リードするときは投手の動きをしっかりとチェックする必要があります。投手の動きを見ながら、肩幅はやや広くかまえ、重心は真ん中かやや右に傾けて構えます。膝にゆとりを持たせて膝から始動するために、つま先に重心を置くことを心がけよう。


(1)ツーウェイ・リード(両側リード)

基本となるリード方法で、体重は両足の親指のつけ根辺りに均等にかけ、右指先は少し開き、前傾姿勢をとり、両手は身体の前に下げてバランスをとる。

(2)ホールディング・リード

バンの際にすばやくスタートを切るためのリードです。シャッフルをとり、右足の着地の瞬間、バントされた打球を判断し、バントの打球が地面についた瞬間にスタートする。

(3)消極的リード

注意深くボールを見ておき、小さい幅のリードをとる。けん制には強いがダブルプレーになりやすい。

(4)ウォーキング・リード

投手がセットポジションに入った時、何気ないそぶりで歩いてリードをとり、投手が投球すると判断した瞬間、二塁に向かってスタートする



リードの距離と姿勢

当たり前だが、進塁したい方向にリードが大きいほど進塁できるチャンスが増える。リードは、「自分の身長」+「手を伸ばした長さ」+「1歩」が最長で安全な距離で、けん制でも一歩戻ってから手を滑り込めばタッチより早く着塁できる。なお盗塁狙いではなく、投手のけん制を目的とするワンウエーリードがある。リードは大きくとり、とにかく着塁だけを心がける。こうして投手を揺さぶり数多く牽制させるのが目的だ。ともいう。



帰塁の基本

帰塁は基本的には足からです。足からの帰塁は牽制で比較的に余裕があって帰れる場合に使いますが、状況に応じて手から滑り込む必要があります。 手からの帰塁は最大限のリードをとったときに使い、姿勢を低くしたまま水平に飛びベースに手を伸ばす。自分から見て、ベースの手前の左側へ右手から戻る。

@右足の親指の付け根に体重をかけて地面をけりながら体を左に捻る。
A進行方向に体重を移し、右足を交差させて前傾姿勢で一塁方向へ進む。
Bスライディングしながら右足を伸ばし、ベースの左隅を踏む。



2塁ランナーのリードのとり方

2塁からはスコアリングポジションと言って、ヒットが出るとホームに帰って来れる得点圏内となります。浅いヒットでもホームインできるようなリードが好ましく、随時野手がベースにいないので大きくリードができます。

・ノーアウト2塁の時は2塁ー3塁を結ぶラインの直線上にリードする。
・やや外野よりにリードすることで、セカンドの動きが見やすくショートへの牽制への動きをガードできる。

2塁ランナーに対してピッチャーが牽制球を投げる時は、体を回転させなければならないので、ランナーのほうが優位です。この時に注意する点は、セカンドとショートの動きです。セカンドベースに入る様子に注意しつつ、積極的にリードをしましょう。



3塁ランナーのリードのとり方

3塁ランナーのリードはベース側に半身で構え、線上にポジションを取ります。基本的にはホームスチールは行わないのでけん制が少なく、大きなリードはいらないが、スクイズなどの場面ではややリードが必要となる。投球と同時にスタートし、2アウトではない場合、外野フライでタッチアップする準備をします。フライならタッチアップ、早いゴロやライナーはバックして様子を見て、高いバウンドや緩いゴロなら思い切ってホームを狙ってみましょう。ツーアウトの時には、どんな打球でもホームに突っ込んで行くこと。



タッチアップ

2アウト以外のときは、フライを確認して左足をベースの隅にセットし、顔は打球方面に向けておき、キャッチと同時にベースブロックを蹴りその反動でスタートする。

<<走塁・盗塁上達にオススメの教材走塁革命 屋鋪要の実践走塁術 〜お子さんをチームで特別な存在にする方法〜>>

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

■最新の走塁・守備上達情報を大公開!!
盗塁王3回、元巨人1軍守走塁コーチである伝説の男、屋敷さん走塁・盗塁教材です。足の遅い子でも、しっかりと走塁テクニックを教えることにより盗塁率、打率、また守備することは可能です。今なら効果が無ければ"全額返金"の保証付き!!
"走塁革命" 屋鋪要の実践走塁・盗塁術
 
野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのために走塁・守備上達方法を伝授します!あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講しませんか?メールアドレスのみで、誰でも簡単に登録できますよ!
沢村遼の走塁・守備上達講座
その他野球上達メルマガ講座

※その他の守備・走塁に関する情報はトップページもしくはメニューからどうぞ。
野球の走塁,守備のことなら 走塁/守備.com
沢村遼の野球講座
あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講しませんか?
走塁・守備上達上達講座
その他野球上達メルマガ講座
走塁の基本
ベースラン(走塁)の基本
リードの基本
盗塁の基本
スライディングの基本
ランナーの走塁の心得
セフティリードの基本

人気の野球上達法!
注目情報
Copyrightc2009 野球の走塁,守備のことなら 走塁/守備.com All rights reserved.【掲載の記事・写真などの無断複写・転載等を禁じます。
inserted by FC2 system