走塁/守備.com 走塁./守備.comでは、華麗な走塁技術守備技術などの野手・打者(バッター)に関する技術の基本と上達方法、練習方法を解説・紹介している「総合野手情報ポータルサイト」です。さらに、練習・上達グッズの紹介や、今注目の野球情報や上達ノウハウなどを紹介していますので、是非参考にしてください。
TOTAL:  現在観閲中: 

失敗しないグラブトスを身につける

トップページ > 失敗しないグラブトスを身につける

グラブトスといえば、中日の荒木&井端選手の連係プレイ・・・守備の華ですよねその他、ゴロの処理のために投手からファーストへ、そしてスクイズ処理のために投手からキャッチャーへ・・・といった場面でグラブトスは活躍します。しかし、当たり前ですがこれは簡単にできる訳じゃないんです、何せグローブでボールを投げるわけですから、しっかりとしたコントロールを身につけるゴローブさばきの練習が求められます。


梅原伸宏のグラブマネジメント 〜守備力向上プログラム〜
■今人気のの野球上達情報をピックアップしました!!
走塁革命 屋鋪要の実践走塁術 〜お子さんをチームで特別な存在にする方法〜
野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス 内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD
西武黄金時代の強打者コンビが教える「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
3ヶ月で15kmUP!森部コーチのピッチングスピードアッププログラム!
少年・中学野球、草野球、あらゆる軟式野球の戦術必勝法を網羅した「軟式野球の兵法」

■悪いグローブの角度

捕球の際に地面に対してグローブが平行になってしまうと、ボールがグラブの奥のポケットまで入り込んでしまいスムーズにボールを出すことができにくくなってしまいます。ポケットにボールが入り込むと、その後トスをする時にグラブの親指部にボールが当たり易く思った所へコントロール出来ません。


■手首の悪い返し方トス
グローブを使う腕の手首を返してしまうと、ボールは浮いてしまいコントロールを失います。
運良くボールが届いてもタッチが遅れてしまいアウトの確率は低くなります。


■良いトス方法とは?
グローブを使う腕の手首を折らず、腕とグラブが一直線になる様にする事でグラブ先でボールを捕ることができます。ボールをグローブでつかむ際は閉じてはいけません、閉じて開く動作の時間の短縮と安定したボールコントロールをする為です。そのままトスに移ります。

その際に自分がボールを捕りに行くスピードを利用する事で、手首を返さなくてもスピードあるボールをトスする事が出来ます。最初はグラブを閉じない事に抵抗があるかもしれません。思い切ってグラブを閉じずにやってみるとボールが安定して低くトスする事が出来ます。


●ボールを捕るグラブの位置
右利きなら、右足が前、左足が後ろにある状態で右足の左側でボールを捕球します。
そうすればこの後スムーズにボールの転送動作に入る事が出来ます。


●体の向き
ボールが正面以外に、両サイドに転がった時も常に体の前面が正面に向く様にボールを捕りに行きます。その際にルートが大きく膨らんではいけませんが、最短距離から心持ち膨らみを持つイメージでボールを捕りに行きます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

■最新の走塁・守備上達情報を大公開!!
盗塁王3回、元巨人1軍守走塁コーチである伝説の男、屋敷さん走塁・盗塁教材です。足の遅い子でも、しっかりと走塁テクニックを教えることにより盗塁率、打率、また守備することは可能です。今なら効果が無ければ"全額返金"の保証付き!!
"走塁革命" 屋鋪要の実践走塁・盗塁術
 
野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのために走塁・守備上達方法を伝授します!あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講しませんか?メールアドレスのみで、誰でも簡単に登録できますよ!
沢村遼の走塁・守備上達講座
その他野球上達メルマガ講座

※その他の守備・走塁に関する情報はトップページもしくはメニューからどうぞ。
野球の走塁,守備のことなら 走塁/守備.com
沢村遼の野球講座
あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講しませんか?
走塁・守備上達上達講座
その他野球上達メルマガ講座
守備練習
ゴロ捕球の練習
すばやくボールを握る練習
しなやかなグラブさばき練習
キャッチボール練習方法
瞬発力を養う壁当て
守備を鍛えるペッパー練習
失敗しないグラブトス
動きながらキャッチボール

人気の野球上達法!
注目情報
Copyrightc2009 野球の走塁,守備のことなら 走塁/守備.com All rights reserved.【掲載の記事・写真などの無断複写・転載等を禁じます。
inserted by FC2 system